便利な窓拭きモップ「Sa-kichi ハンディモップ」がおすすめ!ラクにキレイに窓掃除できる 窓汚れの種類

汚れが付着しやすい窓。その窓には、どのような汚れが付着するのでしょうか。汚れの種類によって、お掃除方法が変わります。そのため、窓掃除をする前にどういった汚れが付着しているのかチェックすることが大切です。

こちらでは、窓汚れの種類や付着する原因について紹介します。どんな汚れも、初期の段階であれば簡単に拭き取ることが可能です。そんな初期段階で窓の汚れを除去するなら、簡単便利な窓拭きモップ「Sa-kichi ハンディモップ」がおすすめです。

片手でラクに掃除ができる便利なアイテムであり、折り畳み式のコンパクトサイズで収納の場所も取りません。モップ部分はマイクロファイバー素材のため、吸水性にも優れています。窓掃除にぜひご利用ください。

窓をキレイにしたい方はチェック!窓汚れの種類とは?

キッチンの窓

こちらでは、窓汚れの主な原因について紹介します。

「窓掃除をしてもなかなかキレイにならない」「窓掃除をしてもすぐに汚れる」という方は、ぜひチェックしてください。

キッチン周りの油汚れ

キッチン周りにある窓の汚れは、油が原因です。油汚れは、どんなものにこびりついても厄介で、拭き取りやすい窓がでさえもやはりこびりつくと取りづらくなります。キッチン周りに窓があるという方は、事前に汚れ防止のフィルムを貼って対策を行うのもおすすめです。

また、定期的な拭き掃除も効果的ですので、窓拭きモップやシートを利用して、できるだけこまめに掃除を行いましょう。

タバコの煙による汚れ

見えない汚れでありながらも実は溜まりやすいのが、タバコの煙です。タバコの煙によって壁紙やポスターなどが変色してしまうように、窓にも汚れが付着してしまいます。室内でタバコを吸う方は、タバコを吸う場所選びも大切です。

また、キッチンの換気扇を回してタバコを吸うという方もいらっしゃいますが、キッチンの換気扇が真っ黒になるケースもありますので、気をつけましょう。油と同じく、キッチンでタバコを吸う際も、こまめな掃除が必要です。

室内で発生するホコリ

室内にはカーペットやベッド、クッションなど、ホコリが発生しやすいものがたくさんあります。そんなホコリは、窓にも当然付着しています。特に油などが付着したキッチン周りの窓に付着してしまうと、より厄介なことになります。

ホコリを寄せつけないために微量の柔軟剤で窓拭きを行ったり、空気清浄機を回したりするなどの対策を行いましょう。

外気中に漂う花粉や黄砂

窓の汚れは、決して室内だけのものではありません。もちろん、外側からの汚れも付着します。特に厄介な外気の汚れと言えば、外気中に漂う花粉や黄砂でしょう。

外気中に花粉や黄砂が舞うシーズンは、窓が薄らと黄色くなっていることがありますので、早めに拭き取るようにしましょう。

窓掃除を行うなら、片手でラクにお掃除ができる便利な窓拭きモップ「Sa-kichi ハンディモップ」がおすすめです。一拭きでキレイに仕上がるこの窓拭きモップは、便利さだけでなく、クオリティーの高さも強みです。

マイクロファイバーを使ったポコポコとしたシマシマ型のモップ面が汚れも水分もすっきりキレイに拭き取り、手軽に窓拭きが行えます。

この便利な窓拭きモップは、お部屋の窓掃除としてだけでなく、お風呂場の鏡拭きモップや車の窓拭きモップとしてもお使いいただけます。

ラクに掃除したいという方におすすめ!COCOMI株式会社で販売する便利な窓拭きモップ「Sa-kichi ハンディモップ」

掃除道具を持った女性

窓の汚れは、蓄積することで頑固な汚れとなり、掃除の手間がかかります。

そんな窓掃除をラクに行うなら、COCOMI株式会社で販売する便利な窓拭きモップ「Sa-kichi ハンディモップ」をご利用ください。

スプレーボトル一体型のため、片手で窓掃除ができる便利なアイテムです。折り畳み式でコンパクトに収納できるため、窓の汚れにお困りの方はぜひお買い求めください。

便利な窓拭きモップを使って片手でラクに窓をキレイにするならCOCOMI株式会社へ

会社名 COCOMI株式会社
住所 〒132-0024 東京都江戸川区一之江8丁目5−3−706
TEL 050-5374-3695
URL https://cocomi-tuhan.com
営業時間 9:00 ~ 18:00
定休日 土日祝日
PAGE TOP